スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
原発について思うこと。
原子力発電所についても、
危険なのになぜ推進されているのかも、
ほんとによくわかる。
地震直後に見つけたためになるサイト。


よくわかる原子力


よくわかった上で、やっぱり私は原発は反対。
エラーの可能性を想定しない、
または想定できないシステムなんて
あり得ない。


全てのエラーは拾われ、処理され、
エラーが出た場合でも
システムは正常に終了しなければならない。
私はそう教わった。


原子力安全委員会の斑目委員長が
「どこかで割り切らないと(原発の)設計はできない」
と過去に発言していたとのこと。
割り切って国益を追求した結果
日本は国土の一部を失ってしまった。


連日出てくる専門家の偉い先生方も
ひとりひとり経歴を調べてみれば
発言の背景が見て取れる。
プルサーマルの安全性について電力会社と一緒に
講演をしたことのある教授先生の発言は
この期に及んでもどこまでも前向きで
とても滑稽だ。


確かに大きな原発を作れば
原発を造る大企業や関連企業が潤い、
原発の施設での雇用が生まれ、
人が集まり町ができ、
地域経済、日本経済としてはメリットが多いかもしれない。
でも、知識のある人に対して「原発をここに作りたい」と
話を持ちかけるならまだしも、
全く知識のないその土地を愛し、
その土地と一緒に生きてきた人たちを集めて
高額な助成金をちらつかせ
メリットだけを説明していくのは
国ぐるみの詐欺だと思う。


想定外なんてシステムとしてあってはいけないけれど
その「想定外」が起こったとき、
一番不幸なのは電力会社の人ではない。
地元の人だ。
先日、福島のキャベツ農家の方が
自殺してしまったニュースがあった。
地元の学校給食も一手に引き受け
「子供たちが食べるものだから」と有機栽培にこだわり
何十年もかけて土壌改良してきたのに。


日本は民主主義だから、
電力を原発でやっていくと決めた国の政策は
日本の総意という事になり、
私にだってその責任はあることになる。
だからもう黙っているのはよそうと思った。


今も現場で高い放射性物質に晒され
作業をされている方や、
被災されたにも関わらず高い放射性物質が
検出されえいる土地にいなければならない方を思うと
たまらない。
誰かの犠牲の上に成り立つ経済の発展て何なのだろう。
原子力という危険な力に頼らなければ
今の東京の明るさが保てないのなら
私はもっと暗くて構わない。
「イギリスは今の計画停電が行われてるくらい暗い」
と葉加瀬太郎さんが言っていた。


多くの人が深く考えない事をいいことに。
与えられ続け、知らないうちに
危険な力に依存している現実の危険性を
今、実感している。


私は自分の子どもやその子どもに
安心して健康に暮らしていける環境を残したい。

スポンサーサイト
【2011/03/31 06:55 】 | 問題など | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
近況。
私の亡くなった叔父は反原発論者だった。
論文を書いたり、自身で放射能測定器を持っては
原発付近の桜の木の蕾を調べたり。
そんな人だった。
その影響もあり、私の育った家族と親戚は
少し放射性物質に対して過敏にならざるを得なくなった。
それがいいかどうかはわからない。
正しいかどうかもわからない。
でも今、私とぷ-とお腹の子は関東を離れている。


1号機、3号機に続いて4号機で爆発があった日、
私は病院で2人目の出産予定日を先生に教えて頂いた。
先生によるタイミング療法のおかげで、
妊娠の兆候が見られ始めた頃、あの震災があった。
そして原発のニュース。
たくさんの命が亡くなって今も大変な生活を
続けておられる方々がたくさんいて、
そして東京でも水の安全性が問われる中、
正直、望んで授かったはずの命を喜ぶ余裕がまだない。
前回の流産の事もあり、
主人が東京を離れる提案をしてくれたのだけれど
4月あたまには東京に戻る予定だ。

【2011/03/28 10:46 】 | つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
タイガーマスク効果
たまたまTBSの夜の情報番組を見た。
番組の後半、全国のタイガーマスク現象を
10分以上やっていた。
番組の中では全国のタイガーマスク現象から
ある児童擁護施設の中や
そこにいる子どもがランドセルを受け取った際の
反応(今回の番組は子どもの顔は写していなかった)、
そして施設出身者の反応として
日向ぼっこの方のコメントも流していた。


その日向ぼっこのメンバーの方が
今回の事で児童養護施設というものの存在について
知ってもらえることがいいことだと思う、
というような事を話していた。
(細かい表現は少し違うかもしれない・・
   ・・・・記憶が曖昧ですみません。)
それを聞いて「なるほど」と思った。


今回の事が一過性の
ブーム的なものに過ぎなかったとしても
一連の出来事が報道され、
児童擁護施設というものについて
夜の情報番組で特集が組まれた事は
ある意味すごい事だと思う。
今まで興味を持たなかった人たちが興味を
持ってくれたなら。


台所を片付けながら、少し胸がすっとした。
物事にはいろんな捉え方があって
なんでもすぐマイナスイメージで捉えがちなのは
私の悪い癖だと思った。

【2011/01/16 01:44 】 | つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
贈り物
私がぷ-に用意するクリスマスプレゼントは
彼が喜ぶ物をそっと用意する。
そのためには本人に聞くのではなく、
こっそり日常からリサーチする。


今の彼だけが喜ぶ物を
私は大切なぷ-に贈りたいと思う。


『あなただけ』
が存在するのが家庭なのだと思う。
そしてそんな場所が
子供には必要だと思う。

【2011/01/12 21:18 】 | つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
善意と自己満足
善意と自己満足。


自己満足に終わる善意。


私自身、何かしようとして
それはすべて自己満足に終わっている。
そんなことは自分が一番わかってる。
そんな自分を肯定したいわけじゃない。
したいわけじゃないけど、
とっかかりがなければ何も起きないと思うから。


自己満足な身勝手な独りよがりな
そんな小さな気持ちが無駄だと思いたくない。
(個人的には善意という言葉は好きじゃないけど。)

【2011/01/12 21:04 】 | つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。